Monthly Archives: 4月 2015

30~39才の間に更年期に入ったなら…。

「肝機能の減衰」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、それからγ-GTP等3つの数値で判定できますが、特にここ数年肝臓の機能が低下している人数が明らかに増加傾向にあるということが判明しています。
1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原発の爆発事故の長きに及ぶ密着調査において、やはり成人よりも子どものほうが広まった放射能の被害を受容しやすくなっていることが分かるのです。
ダイエットには欠かせない「体脂肪率」というのは、体の中の脂肪量の%を表しており、「体脂肪率(%) =体脂肪の量(kg)÷ 体重(kg) × 100」という計算式で導かれます。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの防御、様々な分泌物質の覚醒等を支配していて、単極性気分障害(大うつ病)を抱えている方は、その力が鈍化していることが分かっています。
鍼灸の鍼をツボに刺す、という物理的で痛みもほとんどない刺激は、神経細胞を活発にすることに繋がり、神経インパルスという名前の、簡単に言うと電気信号の化学伝達を引き起こすという見方が浸透しています。
脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスを整えたり痛みの鎮静、あらゆる覚醒現象等を支配していて、鬱病に悩んでいる人は、この作用が弱いことが科学的に証明されています。
V.D.は、Ca(カルシウム)とP(リン)の吸収を手伝うということで注目されており、血液中の濃度を保持し、筋肉の動き方を整えたり、骨を丈夫にしてくれます。
アイコンタクトで、患者がセラピードッグのことを可愛いと思う時にオキシトシンという一種の癒し効果を持つホルモンがたくさん分泌されて、ストレス解消や精神の癒し等に良い効果をもたらすのです。
絞扼感や圧迫感が主症状である狭心症の外科処置としては、大方の病院で「大動脈バルーンパンピング」、あるいは「冠動脈大動脈バイパス手術(CABG)」という二つの術式がしきりに扱われています。
30~39才の間に更年期に入ったなら、医学的には「早発閉経」という女性疾患のことを言います(この国では、40歳未満の割と若い女性が閉経する例を「早発閉経」と呼ぶのです)。
気にする方も多い「体脂肪率」というものは、人体の中の脂肪が占有する割合であり、「体脂肪率(%) =体脂肪の量(kg)÷ 体重(kg) × 100」という式によって計算されます。
耐久性に優れたグラスファイバーで製造されたギプスは、すごく強くて軽量なのに持ちが良く、濡らしてしまっても破損しないという特筆すべき点があるため、今どきのギプスの中心なのは間違いありません。
「肝機能の衰退」については、血液検査のASTやALT、それからγ-GTP等の数値でチェックできますが、近頃肝機能が衰えている日本人がじわじわ増えつつあるとされています。
内臓に脂肪が過剰に付いた肥満が確認され、「脂質過多」、「血圧」、「血糖」の内において、2~3個に合致する場合を、メタボリック症候群と診断されます。
アメリカやヨーロッパでは、新しい薬の特許期間が経過した4週間後には、マーケットの75%くらいがジェネリック医薬品(後発医薬品)に置き換わるという薬もあるというくらい、ジェネリック医薬品はワールドワイドで知られているんですよ。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓

四六時中横になって片手で頭を支えた姿勢でテレビを見つめていたり、気が付くと頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を毎日履くという習慣は、骨盤のゆがみを引き起こしたり、体の均衡を悪化させる誘因になりますので注意しましょう。
急性中耳炎は、非常に多い中耳炎のことで、子どもに多く発症します。耳痛、難聴、耳閉感や38℃以上の熱、鼓膜の腫れ、耳漏(みみだれ)等の様々な症状が出現するのです。
塩分や脂肪の大量摂取はやめて、簡単な運動に励み、ストレスを抱え込まないような日々を維持することが狭心症を招く動脈硬化を防止する秘訣だといえます。
感染症である結核菌は、感染者が咳き込むことによって空気中に吐き出され、空中で浮遊しているところを今度は違う人が空気と一緒に吸い込んでしまい空気感染するのです。
死亡率が約50%と非常に高いクモ膜下出血(SAH)は、90%弱が脳動脈りゅうと言われる脳内の血管にできる不要なこぶが、破裂する事がきっかけとなって発病する、死亡率の高い病気だと認知されています。
暴食、体重過量、運動不足、遺伝、肉体的なストレス、老化といった多様な要因が縺れ合うと、インスリン分泌が衰えたり、機能が鈍化したりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を招くと考えられています。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に食べ過ぎや飲み過ぎによって中性脂質やコレステロールが堆積した状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝臓ガンや糖尿病に留まらず、ありとあらゆる疾病を招く可能性があります。
成人の一日所要量が12mgとされる亜鉛は、DNAやタンパク質の生成に欠かせない酵素とか、細胞・組織などの代謝機能に関係する酵素は当然の事、200種類以上もある酵素を構築する成分として不可欠なミネラルの一つなのです。
元気のもととも言える亜鉛は、DNAやタンパク質を作り出すために欠かせない特別な酵素とか、細胞・組織の維持活動に不可欠な酵素に加えて、約200種類以上の酵素を形づくる成分として特に大事なミネラルだといわれています。
国際連合の専門機関であるWHO(世界保健機関)は、身体に害を与えるUV-Aの浴び過ぎが、皮ふに悪影響を誘発する恐れがあるとして、18歳以下の若人が人工的に紫外線を出す日焼けサロンを利用することの禁止を広く世界中に提起しているのです。
成人の一日所要量が12mgとされる亜鉛は、DNAやタンパク質をつくるために働く特別な酵素とか、細胞・組織の再生に関係している酵素を始めとして、約200種類以上も存在する酵素の構成物質として欠かせないミネラル分であります。
30才代で更年期になるとしたら、医学的には「早発閉経」という女性疾患のことを言います(日本国内においては、40才前の女性が閉経する事例を「早発閉経」と定義しています)。
一般的には不足しにくいといわれるビタミンB6は、アミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ぶエネルギーを産出するために大切な回路へ組み入れるため、もっと細分化することを補助するパワーもあると言われています。
植物に含まれる化学物質であるフィトケミカル(phytochemical)の仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている有機硫黄化合物が、肝臓の解毒酵素そのものの正常な生産を促進しているかもしれないということが明らかになってきたのです。
α、β、γ、δの4種類があるトコトリエノールの良い点としては、酸化を抑止する機能が殊更注目されておりますが、他にも肌をすべすべにする効果や、血清コレステロールの数値を抑制したりするというようなことも関心を集めています。