Monthly Archives: 11月 2015

吐血と喀血のいずれも口や鼻をとおして出てくる出血ですが…。

結核への対策は、それまで1951年施行の「結核予防法」に従って進行されてきたわけですが、半世紀が経った2007年からは他の数ある感染症とひとくくりにして、「感染症法」に従って行われることに変更されました。
脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経やホルモンのバランスを調整したり痛みの感覚を抑制、あらゆる覚醒現象等を管理していて、うつ病(単極性気分障害)にかかっている人は、この働きが弱体化していることが指摘されています。
日本人の3大死因の1つである狭心症の外科処置としては、現在「大動脈バルーンパンピング」と「大動脈冠動脈バイパス術」という二つの異なる技術が精力的に活用されています。
暴食、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、日常生活のストレス、加齢等多面的な条件が縺れ合うと、インスリンの分泌量が減少したり、機能が落ちたりして自覚症状に乏しいことが多い2型糖尿病を発病します。
ハーバード・メディカルスクールのリサーチによれば、毎日欠かさずに2カップ以上ノンカフェインコーヒーを飲めば、すごいことに直腸ガン罹患リスクを5割も抑制することが出来たとのことです。
結核をもたらす結核菌は、菌を持っている人がせきやくしゃみをすることで空気中に飛び散り、空中で浮遊しているのを他の誰かが空気と一緒に吸い込んでしまい知らないうちに感染するのです。
今までインスリン依存型糖尿病などと呼ばれていた1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)にあるインスリンを産生するβ細胞が「異物」と認識して壊れてしまうことにより、終いには膵臓からはインスリンが微々たる量しか、生産されなくなることで発病してしまうというタイプの糖尿病です。
30歳代で更年期が訪れたとすれば、医学的には「早発閉経」という病のことを指します(日本国内においては、40歳未満の割と若い女性が閉経してしまう状況を「早発閉経」と称しています)。
めまいは出ないのに、不愉快な耳鳴りと難聴の2つの症状を、いつまでも繰り返す症状を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール病」と呼称する症例もあるとのことです。
栄養素のひとつであるトコトリエノールの作用では、酸化を抑える働きがよく注目されておりますが、他に美しくハリのある肌にする働きや、血清コレステロールの上昇を抑制したりするということも注目されています。
PCモニターの青っぽい光から目を守るメガネが今人気を集めている要因は、疲れ目の予防に大勢の方が苦慮しているからだと考えられます。
要するに黴菌やウィルスなど病気を発生させる病原微生物、要は病原体が口から肺へ侵入し発病してしまい、左右いずれかの肺が炎症反応を起こした容態を「肺炎」と称しています。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、その人しか分からないという部類の「自覚的耳鳴り」と、耳管周辺や耳小骨の筋肉のけいれんによる音など当の本人だけでなく他の人にも、高性能のマイクなどを利用すると響いてくると言われている「他覚的耳鳴り」とがあって、治し方が異なります。
学校や幼稚園等団体生活をするにあたって、花粉症の症状が原因でクラスの皆と集まってパワー全開で遊べないのは、当人にとっても恨めしい事でしょう。
吐血と喀血のいずれも口や鼻をとおして出てくる出血ですが、喀血というものは喉から肺に続いている気道(呼吸器の一つ)から出血することであり、吐血の場合は、無腸間膜小腸などの上部消化管から血が出る症状を示しています。

耐久性に優れたグラスファイバーで製造されたギプスは…。

食道の粘膜に炎症がある逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したこととかスモーキング・アルコールの習慣・運動不足による肥満、ストレスが誘因となり、現在日本人に患者が多い病気なのです。
「とにかく余裕がない」「面倒な人間関係のしがらみが嫌で仕方がない」「テクノロジーやインフォメーションの進歩になかなか追いつけない」等、ストレスが蓄積される条件はいろいろあります。
軽い捻挫だからたいしたことはないと決めつけてしまい、取り敢えずテーピングで動かないように固定し、様子をうかがうよりも、応急処置をしてから一刻も早く整形外科医に診察してもらうことが、何だかんだ言って根治への近道だといえるのです。
耐久性に優れたグラスファイバーで製造されたギプスは、頑丈で軽量なのに持ちが良く、なんと濡れても支障はないという特長があるため、医療現場においてギプスの中でも中心と言っても大げさな表現ではありません。
近年、特に注目されているポリフェノールのすばらしい特徴は、他のビタミンEやビタミンC等とは違って、細胞間の脂溶性部分、水溶性の部分、加えて細胞膜に関しても酸化を予防する作用をいかんなく発揮します。
子どもの耳管の作りは、大人のより太くてとても短く、加えて水平状態なので、雑多なばい菌が侵入するのが容易になっています。大人より子どもの方が急性中耳炎を発病しやすいのは、このためだと言われています。
細菌の感染で発症する急性中耳炎とは、一番多い中耳炎のことで、幼い子どもに多く発症します。耳痛、難聴、耳閉感や38℃以上の熱、鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳だれ)等の様々な症状が出るのです。
体脂肪量には別段、変動が見られず、体重だけがご飯を食べたり排尿等により、ちょっとの時間だけ増減するような場合、体重が増量した分体脂肪率は引き下がり、体重が落ちたら体脂肪率が増えるのです。
「肝機能の減衰」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等数種類の数値でチェックできますが、ここへ来て肝機能が充分ではない人々が次第に増大してきたと報じられています。
毒素を産生する食中毒菌の代表であるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は、真正細菌であるグラム陽性球菌であり、毒素のきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と、逆に毒の低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に類別できます。
学校や幼稚園のような集団行動をするにあたって、花粉症の症状の為に同級生と一緒に外ではつらつとスポーツができないのは、子供さんにとっても寂しいことです。
TVのCMでも聞くジェネリック医薬品というものは、新薬の特許が失効してしまった後に発売される、新薬とまったく同じ成分で負担するお金の少ない(薬の金額が安価)後発医薬品なのです。
感染力が非常に強い季節性インフルエンザを予防するワクチンに関しては、従来からの研究結果として、ワクチンの予防接種効果が現れるのは、ワクチン接種日の約二週間後から5~6ヶ月程ということです。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、大抵は手や脚がしびれて感覚を失ったり、動悸・睡眠障害・食欲不振・便秘などが代表的で、発症から時間が経つと、最悪のケースでは心臓の収縮力が低下し心不全などを伴う可能性があるようです。
食事という行動は、食べようと考えた物を何気なく口に入れて、数回咀嚼して食道を通過させるだけだが、身体は、引き続き随分こまめに動き、栄養成分をカラダに摂取するよう奮闘してくれているわけです。